【倉林起業ストーリー(全9話)】
第5話「強みを活かすべし!」

 
 
何をやってもうまくいかず、

ついにはあやしい儲け話に手を出してしまって、

当時の自分にはどうしようもない金額の借金を抱えて、

ようやく踏ん切りがつきました。

 
実家に戻って立て直そうとしたわけです。

 
 
所有するマンションは、

友人の不動産屋さんに

借り手を見付けてもらいました。

 
住宅ローンの支払いはこれでOK。

 
あとは借金を返せば

ひとまずドン底の底からは抜けられます。

 
 
さて、

立て直しとはいったものの、

一体どんなビジネスをやればいいのか

悩みました。

 
メインの売り物がない状態だったのです。

 
システム開発はキライになっていましたし、

ホームページ制作でも動画制作でも稼げなかったので。

 
 
そこで狙ったのが企業研修です。

 
講師業を選んだ理由は

「決められた時間内だけ喋ればいいし、

高単価だから」

です。

 
忙しいのに儲からないのを嫌ったのです。

 
テーマは、

もともとの強みであるITや、

自分が学んできた成功哲学・目標達成についてです。

 
 
まずは、

セミナーで知り合った経営者の方たちに

企業研修を提案していきました。

 
講師の経験や実績はほぼありませんでしたが、

行動していると応援してくれる方が現れます。

 
その方たちのおかげで

10万円の報酬をもらえたときは

本当に嬉しかったなあ。

 
「これで借金を返せるかも!」

と心が踊りました。

 
 
ちなみに、

未経験から本気で講師業をやっていくのなら、

研修会社に登録して

実績を積むのが早いと思います。

 
講師育成プログラムもありますし、

コンテンツもありますし、

集客・営業もやってくれます。

 
 
僕の場合はと言いますと、、、

「研修会社経由だと、

1回3万円の報酬にしかならないし、

他人のコンテンツを喋るだけだから

つまらないなあ…」

と思ってしまって、

利用しませんでした。

 
 
自力で集客できたらよかったのですが、

上のような考え方をする人間が

積極的に行動するはずもなく(笑)

 
結局のところ、

たまに売上が上がる程度でした。

 
うーん。

恥ずかしい。

 
 
ではどんなビジネスが稼げるのかと考えたときに、

僕の強みはやっぱりITなんですよ。

 
結局ここに戻ります。

 
10年以上の経験を持つ、

元システムエンジニアですから。

 
既に十分な実績があるわけです。

 
 
周りを見渡すと、

IT(パソコン、スマホ、ネット)が苦手な一人起業家が

非常に多いんですよね。

 
たとえば、

SNSやブログ、メルマガの設定段階で

つまずいているような方がたくさんいます。

 
そして僕はITが得意。

 
これはビジネスチャンスです。

 
 
そして、

このチャンスを活かして

まとまった売上を上げる日が

ついにやってきました。

 
 
(第6話に続く)